「マリンエンジニアリングの航跡~未来へ続く先達の功績~」 認定結果

認定結果

2023年1月に開催された審査委員会において、第1回の「航跡」に応募された5件について審査が行われ、5件とも「航跡」の認定対象としてふさわしいとされました。、同年3月に開催されたマリンエンジニアリング学会理事会において、その報告があり審査結果の通り、5件全てが認定対象として承認されました。


  • 第1号、三段膨張蒸気往復動機関:国立大学法人:東京海洋大学
  • 第2号、単気筒実験用ディーゼル機関(S1F形機関):阪神内燃機工業株式会社
  • 第3号、中速4サイクルディーゼル機関(立形単動3気筒無気噴油式水冷機関):国立高等専門学校機構 広島商船高等専門学校
  • 第4号、FFベアリング(推進装置用 水潤滑軸受):株式会社ミカサ
  • 第5号、M-800X型 主機遠隔制御装置:ナブテスコ株式会社

なお、詳細はこちらからご覧になれます。